スウェディッシュマッサージ

北欧からの贈り物

スウェディッシュと言ってどこかわかりますか?スウェーデンの事です。
スウェーデン生まれのマッサージについてご紹介します。
約200年ほど前に一人の医師によって生み出されたマッサージは多くの科学者たちによって改善され進歩し世界中に広まっていきました。
特徴はまず痛みが無いマッサージなのです。少量のオイルを使ってゆっくりくまなくマッサージしていきます。オイルが浸潤してきたところで深い筋肉へのアプローチになっていきます。
この施術の技法や手順、時間などは全て科学的に計算されたもので説明をうけると非常に納得できるものです。
もうひとつ素晴らしい事があって施術しくれるセラピスト自信の身体の負担を減らすような工夫がなされていて、決められている基本姿勢を守れば負担どころか健康を促進する作用があるようです。
この世にマッサージをする側も受ける側も両方健康になるなんて事があるんですね。
このアロマオイルマッサージの起源とも言われるマッサージはまさに理想ではないでしょうか。
それに癒しの効果だけでなく、ゆっくり深い筋肉まで届いてくるので、肩こりや腰痛など、現代病にも対応しているので痛いマッサージが苦手な方は行ってみてはいかがでしょうか?

マッサージとふくらはぎ

ふくらはぎの重要性

ふくらはぎのマッサージ最近話題になったふくらはぎマッサージについてです。
自律神経の乱れというのは腰痛、肩こりに始まって、不眠などカラダには必要不可欠な機能が乱れてくることです。

それらは食べ物やストレスを真正面からうける現代人の生活習慣がくるってきてるとおもうわけです。
そのなかでふくらはぎは第2の心臓ともいわれています。
心臓の役割というのは血液を送り出すということですよね。この血のめぐりを詰まらせずに上半身に上げることで体が温まり、免疫力が高まるという寸法です。
確かに、長く立ちっぱなしになっていれば脚がむくんできますよね。いったん脚に下がった血液を上半身に戻すため、人間の体の中ではいろんな所でがんばっているんですね。確かに重力に逆らって血を上まで運ぶには相当なパワーがいります。
そこで人間はふくらはぎを重力に抵抗し、血液をせっせと上に運ぶために強化していったのです。
ただふくらはぎの筋肉は、その役割の大きさのあまり、疲れて動けなる事がしばしばあるのです。筋肉は疲れがたまると硬くなり、ポンプの役割をこなせなくなるんです。
これは大変ですね。そこでふくらはぎをマッサージすることで筋肉を和らげてあげて、そこに溜まっている血液を再び上半身に送り出せるように手助けしてあげるんですね。
個人的にもふくらはぎのマッサージをするととても気持ちいいです。ふくらはぎ本体もそうですが、アキレス腱などもキュッとしてあげると非常に気持ちいいです。
それだけわたしたちの足が働いてくれてるってことですね。

おすすめのふくらはぎマッサージ店
立川でいちおしのマッサージ店です

台湾式

台湾にいきたいわん!

台湾台湾式マッサージと聞いてまっさきに浮かぶのは何でしょうか?ほとんどの人が足つぼマッサージを思い浮かべますよね。
実は台湾式マッサージは足つぼが特徴なんです。(笑)リフレソロジーの東洋版です。中国の医学の流れをくむ療法のようですね。足裏は第2の心臓と呼ばれているくらい身体全身のツボが集中しています。
それは心臓から送り出された血液の折り返し地点だからなんですね。脚から落ちてきた血液を上に押し上げないとだめなんですが、ここで詰まらせる人が多いのです。
全部詰まると身体の機能を失いますが、少しずつ老廃物が溜まっていくイメージですね。
なのでここを指圧で刺激してあげる事で血流を改善させ老廃物を流しだします。だから圧が強ければ強いほど効果が高いのですが、やはり痛いんです。
痛すぎると身体が硬直して逆効果になってしまうので痛みの調節を上手くする必要があります。
普通のマッサージ店では伝えればしっかり調整してくれるので我慢はしないようにしましょう。
また台湾式マッサージの特徴として蒸しタオルを大量に使います。これは保湿、保温効果を高めて冷え症などにも効果があります。
血流の改善と保温効果により非常に期待できそうですよね。