リンパマッサージは痛い? 痛くない?

マッサージと一口に言っても、種類はさまざまです。主に体の不調を改善するために国家資格を持つ施術者が行なう「あん摩マッサージ指圧」から、疲労回復目的の揉みほぐし、エステなどで行なう美容マッサージ。親孝行でする肩たたきなども、意味合いとしてはマッサージでしょう。

 

美容目的のマッサージの中で最近注目されているのが、リンパマッサージです。

老廃物を体外に排出する下水道の役割を果たすリンパを刺激し流れを良くすることで、美肌やむくみの解消、さらにはダイエットや体調改善にもなるといわれています。
むくみが解消されれば顔が一回り小さく見えるなどすぐに効果が実感できるため、エステサロンの中でもリンパマッサージのコースは特に人気でです。
しかしこのリンパマッサージも、エステサロンによって痛かったり痛くなかったりします。果たしてどちらのリンパマッサージが正しいのでしょうか? また、自分でする場合には、どれくらいの力加減が一番いいのでしょうか?

 

結論から言ってしまうと、リンパマッサージは目的によって痛い場合と痛くない場合があります。

痛いくらいの力でマッサージする場合、リンパを流すと同時にセルライトを潰しているのです。
セルライトは、脂肪細胞と老廃物が結合して硬くなってしまったもの。通常の皮下脂肪とは違い、食事制限などのダイエットでは落とせない頑固な物質として知られています。強い圧力をかけて脂肪細胞を破壊のがセルライトの解消に有効です。
老廃物が特にたまっている場所は、より痛みを感じる場合があります。

 

痛くないのは、リンパにだけアプローチしているマッサージです。

リンパは皮膚の下2mm~3mm程度のところにあります。ケガをしたときに傷口から染み出てくる透明な液体、あれがリンパ液なのです。そのため、流れを良くするだけならほとんど力を必要としません。むしろ必要以上に力を加えると、通り道であるリンパ管を押しつぶすことになるので、逆にリンパが流れにくくなるおそれがあります。

マッサージは、目的によって差があるとおわかりいただけたでしょうか?
リンパマッサージにセルライト除去を兼ねると、やはりリンパの流れを良くする効果を阻害してしまうので、やはり使い分けたほうがいいのかもしれません。

 

筆者注目のマッサージサロン

【コリとれ~るごく楽】

東京の西のはずれ、武蔵村山市にあるマッサージサロンさんですが、田舎だと思って侮るなかれ。
ほぐしから足裏、オイルリンパ、痩身、フェイシャルとメニューも豊富で技術も抜群です。お試しあれ。

 

サロン情報

042-590-3040
東京都武蔵村山市神明4-119-4
http://goku-raku.com
上北台駅徒歩15分
玉川上水駅よりバスで10分